花咲ガニについて

最北の海鮮市場(saihok.jp)

「幻の蟹」とも呼ばれる花咲ガニは、タラバガニの一種で、茹でると花が咲いたように紅くなるのが特徴です。

花咲ガニが水揚げされるのは北海道の根室や釧路に限られていますが、水産資源保護のために漁期の規制もあります。ですから、根室で7月〜9月、釧路で3月〜7月しか水揚げされることはありません。

この貴重な花咲ガニですが、水揚げ量の8割を占めるのが根室とのこと。根室の漁獲期は短いので、まさに花咲ガニは幻の蟹です。

花咲ガニといえば、オスよりもメスの方が圧倒的に人気が高いようです。

というのも、花咲ガニのメスの内子(卵巣)にはウニのような濃厚な旨みがあって、カニみそと相まってとても美味だからです。

身にも独特の風味と甘みがあり、オスでもカニみそはあるので、オスも美味しいのですが、メスは資源保護の観点からも出回ることが少ないので、まさに幻といえるかもしれません。

なかなか手に入れることができない花咲ガニですが、夏に根室に行くことがあれば、現地でメスの花咲ガニを食べられるのではないでしょうか。水揚げされている港周辺のカニ専門店なら、おいしい花咲ガニを食べることができそうですね。

最北の海鮮市場(saihok.jp)