ワタリガニについて

最北の海鮮市場(saihok.jp)

旬が年に2回あるワタリガニ。ガザミと言った方が分かるという方もいらっしゃるかも知れませんね。

このワタリガニは、ワタリガニ科に属するカニの一種ガザミの別名ですが、脚を巧みに操って泳ぐ美しい姿からワタリガニと言われるようになったとのこと。日本では北海道から九州までの広い範囲で生息しています。

5月〜9月、春から初秋にかけては、ワタリガニのオスの旬です。

しっかりと身が詰まったオスのワタリガニは、ほのかに甘いカニの身の味を楽しむのに最適です。

1月〜2月、冬になると、ワタリガニのメスが旬を迎えます。

この時期のメスは、腹の中の卵巣(内子)やカニ味噌の濃厚な味が楽しめます。

ちなみに、ワタリガニといえば、卵を抱いたメスの方が美味しくて人気があり、お値段も高くなります。

その分、美味しさをたっぷりと楽しむことができると思います。

また、ワタリガニは死んでしまうと味がどんどん落ちていきますので、活きたものを手に入れるのがおいしく食べるための鉄則といえるでしょう。

最北の海鮮市場(saihok.jp)