ズワイガニについて

最北の海鮮市場(saihok.jp)

ズワイガニには、「本ズワイガニ」、「大ズワイガニ」、「紅ズワイガニ」などの種類があります。

日本でズワイガニといえば、大抵は本ズワイガニを指しますが、実は色々な種類があるので少し注意する必要があるかもしれません。

本ズワイガニは、水揚げされた地域によって「松葉ガニ」や「越前ガニ」といったブランド名が付けられていることもよくあります。

このズワイガニの特徴としては、身が繊細でカニ独特の甘みがしっかりと味わえるということが挙げられます。

カニ本来のおいしさを味わいたいというときに、ぜひともおすすめしたいカニが、このズワイガニでしょう。

蟹の美味しさがあふれるズワイガニは、タラバガニと並んで人気を集めています。

本物の本ズワイガニを確実に手に入れたいのならば、お値段は高くなりますが、証明のためのタグが付いているブランド蟹を選ぶのをオススメします。

身が大きいことで人気のある大ズワイガニは、ロシアのベーリング海やアラスカ沿岸域、オホーツク地方で水揚げされたものが多いようです。

大ズワイガニは本ズワイガニより身が立派なので食べ応えがありますが、甘みの強さという点では本ズワイガニの方が勝ります。

また、紅ズワイガニは、本ズワイガニと比較して身入りや味が劣るといわれますが、本ズワイガニよりも低価格である点が魅力ですね。

最北の海鮮市場(saihok.jp)